Japanese News

不安抱える欧州勢 「史上最強」の森保Jにチャンスあり – 東京オリンピック [サッカー]:朝日新聞デジタル

不安抱える欧州勢 「史上最強」の森保Jにチャンスあり – 東京オリンピック [サッカー]:朝日新聞デジタル

 サッカーの東京オリンピック(五輪)男子日本代表は「史上最強」との呼び声が高い。豊富なタレント、経験値、ホームアドバンテージ……。銅メダルだった1968年メキシコ五輪以来となるメダル獲得への期待が膨らむ。 「非常にいい状態だと思う。個人的にも、いいプロセスを踏めている」 12日、前回リオデジャネイロ五輪4位のホンジュラスとの親善試合を3―1で快勝し、主将のDF吉田麻也(サンプドリア)は言った。自身が出場した2008年北京、12年ロンドンの五輪2大会に比べて順調だと手応えをつかむ。 国際サッカー連盟が4年に1度開くワールドカップ(W杯)の権威を保つため、五輪は1992年バルセロナ大会以降、原則23歳以下に限定した。1年延期した東京五輪では、24歳以下が出場資格となる。年齢制限があるため、日本はこれまで、所属クラブで主力になりきれていないメンバーも少なからずいた。 今回は違う。J1で活躍する選手にとどまらず、前回は2人だった海外クラブ所属の選手はメンバー発表時で過去最多の9人に。その後、MF田中碧のドイツ2部デュッセルドルフ移籍が決まり、J屈指のドリブラー、MF三笘薫(川崎)も欧州に渡る見通しだ。 3人まで認められる年齢制限のないオーバーエージ(OA)も強力だ。吉田に加え、DF酒井宏樹(浦和)、MF遠藤航(シュツットガルト)はいずれもA代表の主軸。酒井は4位だった12年ロンドン五輪に出場し、遠藤は16年リオ五輪で主将を務めた。 森保一監督は3人に絶大な信頼を置く。「絶対的な戦力であり、プレーでチームに貢献できる。ピッチ内外の行動で、背中で示してくれ、若い選手たちの成長を促してくれる」 DF陣は、吉田、酒井に冨安健洋(ボローニャ)を加え、ほぼA代表と同じ陣容。守備的MFの遠藤は、ドイツ1部リーグで球を奪い合う局面での勝利数が全選手トップの実力者だ。 OA枠を攻撃陣に使わなかったのは理由がある。日頃から欧州の屈強な選手としのぎを削る経験を生かし、まずはチームは守備を安定させて手堅く戦う。 だが、森保監督の狙いは他にもある。チームの後方がどっしり構えることで「五輪年代の選手たちが、より思い切って、自分たちのプレーを発揮できる」。 OAの存在を「頼もしすぎる」と話すのは、ホンジュラス戦で2ゴールを決めた背番号10のMF堂安律(PSVアイントホーフェン)。MF久保建英(レアル・マドリード)とともに、攻撃の中心の2人はより流動的にポジションを入れ替え、ゴールを狙うシーンが増えた。OA加入後の親善試合は17日のスペイン戦(1―1)を除くと、3戦全勝で、すべて3得点以上している。 OAは6月の親善試合からいち早く合流。代表強化を担う日本サッカー協会の反町康治・技術委員長は「(他の国では)あんまりないと認識している。一歩リードしていると勝手に考えている」。 オフシーズンと五輪が重なる欧州勢はチーム作りに苦戦している。今回はコロナ禍の影響で22人から試合ごとに18人をベンチ入りさせる特例ができたものの、ドイツは18人しか集められなかった。フランスも、昨季までプレーした酒井によると「ベスト(のメンバー)ではない」という。 日本にとって有利な環境がそろうなか、日本は22日の初戦で、南アフリカと対戦する。(勝見壮史)歴代五輪代表の海外組数 五輪 海外組の数 成績 1996年アトランタ 1次リーグ敗退 0人2000年シドニー ベスト8 1人(中田英寿)2004年アテネ 1次リーグ敗退 1人(●小野伸二)2008年北京 1次リーグ敗退 2人(本田圭佑、森本貴幸)2012年ロンドン 4位 6人(●吉田麻也、酒井宏樹、大津祐樹、酒井高徳、宇佐美貴史、清武弘嗣)2016年リオデジャネイロ 1次リーグ敗退 2人(浅野拓磨、南野拓実)2021年東京 10人(●吉田麻也、●遠藤航、板倉滉、中山雄太、冨安健洋、橋岡大樹、三好康児、堂安律、田中碧、久保建英)※OAが採用されたアトランタ五輪以降。●はOA。東京五輪の海外組数は15日時点 Source:www.asahi.com

アドビ、「Premiere Pro」の自動文字起こし機能を正式提供–M1にもネイティブで対応 – CNET Japan

アドビ、「Premiere Pro」の自動文字起こし機能を正式提供–M1にもネイティブで対応 – CNET Japan

 アドビは7月20日、動画編集ソフト「Adobe Premiere Pro」の最新バージョン(15.4)において、「音声のテキスト化」機能の提供を開始したと発表した。あわせて、M1搭載Macにネイティブ対応。同等のIntelベースのMacと比べ、約80%高速に動作するという。  音声のテキスト化は、字幕付きビデオがより簡単に作成できる機能。13の言語に対応。人名の綴りの修正など、変更が必要な場合でも簡単に編集できる。文字起こしテキストへの変換処理が終わると、自動的にキャプションを作成し、タイムライン上に配置する。Adobe Senseiの機械学習を活用しており、発話のタイミングとも同期できるという。  また、タイムライン上に配置された字幕のテキストは、エッセンシャルグラフィックスパネルのデザインツールを使って自由にカスタマイズ可能。さらに、テキストパネル上で単語をダブルクリックすると、Adobe Premiere Proのタイムラインの該当する位置にプレイヘッドが移動するなど、検索性も向上している。  コンサルティング会社のPfeifferが実施した最新のベンチマークレポートによると、この機能により、5分尺のビデオからテキストおよび、キャプションを作成するのに必要な時間を75%削減、52分もの時間を節約できたとしている。 After EffectsのM1対応パブリックベータは2021年後半に  今回、Premiere Proに加え、Media Encoder、Character AnimatorについてもM1にネイティブ対応を実現した。Character Animatorでは、リアルタイムの動作がさらに高速化し、パペットやアートワークの読み込みが2倍速くなり、Character Animatorのワークスペースの切り替えも、前世代のMacと比較して最大3倍高速化しているという。  また、新機能としてボディトラッカーとパペットメーカーを公開(英語)。ボディトラッカーでは、コマアニメやキーフレームアニメーション作成の経験がないクリエイターでも、動きやジェスチャーを使ってパペットのアニメーション化が可能。カメラに向かって身体を動かせば、パペットも一緒に動くようになる。パペットメーカーでは、ヘアスタイル、スキントーン、アクセサリーなど、キャラクターのスタイルを複数用意。シンプルなインターフェイスで、キャラクターをカスタマイズできる。  After Effectsについては、2021年後半にパブリックベータ版としてネイティブ対応する予定だが、Premiere...

グーグル、機械学習を利用してDDoS攻撃をブロックするCloud Armorの適応型保護機能をプレビュー – ZDNet Japan

グーグル、機械学習を利用してDDoS攻撃をブロックするCloud Armorの適応型保護機能をプレビュー – ZDNet Japan

 Google Cloudは、「Cloud Armor」の適応型保護機能(Adaptive Protection)をパブリックプレビューとして公開した。機械学習を利用し、レイヤー7のDDoS攻撃から、企業のアプリケーションやサービスを保護する機能だ。  この機能は、ニュースや人権、選挙監視サイトをDDoS攻撃から保護できるようにするGoogleのサービス「Project Shield」で利用されている。  Googleには、これまでに驚くほど大規模なDDoS攻撃をブロックしてきた実績がある。2017年に中国政府の支援を受けた攻撃者によるものとされている最大2.54Tbpsの攻撃を受けたことなどを明らかにしている。  同社は2020年11月、DDoS対策およびウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)サービスを提供するCloud Armorの一部として適応型保護機能を発表した。Cloud Armorは、Googleのサービスで利用しているものと同じテクノロジーやインフラを利用して構築されている。  適応型保護機能は機械学習モデルを使用し、ウェブサービスに対するシグナルを分析して潜在的な攻撃を検出する。この機能は、異常なトラフィックを発見することで、ウェブのアプリケーションやサービスを標的としたアプリケーションレイヤーの大規模なDDoS攻撃を検出し、軽減するまでの時間を短縮できる。  パブリックプレビュー段階に移行したことで、Cloud Armorのすべての顧客がこの機能を試せるようになった。  Cloud ArmorのプロダクトマネージャーEmil Kiner氏は、「私たちは数年間、社内外の設計パートナーやテスターとともにこのテクノロジーを開発し、成熟させてきた。Cloud Armorの全顧客はプレビュー期間中、追加コストなしでこれを試すことができる」と述べている。  またGoogleは、企業がOWASP Top 10に挙げられているウェブアプリケーションの脆弱性を防ぐ上で利用できる、4つの事前構成されたWAFルールとリファレンスアーキテクチャーを新たに公開した。...

サムスン、8月11日に「Unpacked」開催へ–折り畳みスマホの新モデルを発表か – CNET Japan

サムスン、8月11日に「Unpacked」開催へ–折り畳みスマホの新モデルを発表か – CNET Japan

 サムスンは折り畳み式デバイスの新製品を発表する準備を整えたようだ。同社は米国時間7月20日、製品発表イベント「Galaxy Unpacked」を8月11日にオンライン開催することを告知した。折り畳み式デバイスをこれまでのニッチな位置から押し上げるため、より安価な製品を発表するとみられる。 サムスンは今回のUnpackedで新型折り畳み式スマートフォンを発表するようだ。 提供:Angela Lang/CNET  サムスンは報道関係者に招待状を送り、オンラインの基調講演を8月11日の東部標準時午前10時に開始すると伝えた。新型コロナウイルスの影響もあり、IT企業はまだ対面での製品発表会を開催していない。招待状には「Get ready to unfold」と書かれている。 サムスンは8月11日にUnpackedを開催する。 提供:サムスン  サムスンは当日発表する製品について詳細を明らかにしていないが、「Galaxy」シリーズのファンに向けて、未発表の製品用の事前予約ページを立ち上げている。事前予約をした顧客は端末の下取りの際のキャッシュバックが増額されるほか、12カ月間「Samsung Care+」を利用できる。  今回のイベントは2021年で3回目のUnpackedだが、これまでと同様の方針、つまり、より安いデバイスを投入する方針を維持するとみられている。1月のUnpackedでは「Galaxy S21」が発表されたが、これは「Galaxy S20」より200ドル(約2万2000円)価格が抑えられていた。その後3月のUnpackedでは安価な「Galaxy A」シリーズが発表されている。  サムスンのモバイル部門のトップを務めるTM Roh氏は2020年12月の公式ブログで、自社が折り畳み式デバイスのラインナップを拡大し、それらを「アクセスしやすく」する予定だと投稿している。より安価という意味だとみられる。  サムスンがデバイスをさらに安価にしようとしているのは、人々の生活の現状を考慮してのものだ。消費者はより長くデバイスを保持するようになっており、米国では、過去のスマホの平均使用年数は約2年だったが、最近では約3年となっている。また、新型コロナウイルスによって多数の人々が経済的な打撃を受けた。ハイエンドのスペックや最先端の機能は人々の注意を引き付け、話題になるが、人々は支出の方にも気を使っている。...

Page 1 of 67 1 2 67

Don't Miss It

Recommended